採用情報

佐野 恭平(サノ キョウヘイ)

ツバイソ スタッフ 佐野 恭平

「新しい仕組みを創り出す環境」

自由で快適な職場

自由で快適な職場

私は、2015年の10月に入社して現在に至ります。
ツバイソは、フレックスタイムや服装の自由、諸々の待遇面はもちろん、仕事内容としては、rubyという自由度の高いプログラミング言語を主に使用しているので、自分に合っています。

前の職場は定時があり、毎朝8時半には会社にいなくてはならず、生活スタイルが画一化されていました。
自分に合った生活スタイルで仕事ができることは生産性の向上やストレスの減少につながると思います。

ツバイソで働くこと

ツバイソで働くこと

私は前職の組み込みエンジニアの経験を活かせるバックエンド側の開発を好んでおり、よくそういった仕事をやっています。
rubyは純粋なオブジェクト指向言語で、エレガントで簡潔なコードを書けることが魅力です。
短いコードで効率よく機能を作り込むことができるので、気に入っています。

ERPというシステムに携わったのは初めてですが、会計の知識が必要なので、仕事をしながら覚えています。
ツバイソで働くことで得られる技術や知識の1つだと思います。

業務効率を向上するためのERPですから、少しでも使いやすさを追求したシステム開発を目指しています。
ユーザビリティの向上はもちろんの事、バグへの事前対応と即時対応など、自分に課せられたミッションをしっかりとこなしていきたいと思います。

新しい仕組みを創り出す環境

新しい仕組みを創り出す環境

海外の人材が増えているので、言語のコミュニケーションに関する多少の問題は出てきていますが、働き方や文化の違いから学ぶものも多く、結果的に自分にとって勉強になる職場だと思います。
また、みんなプログラミングが好きな点で共通しています。
プログラミングや交流を楽しみながら仕事ができるいい環境だと思います。

難しいところは助け合いながら作業を進めていますし、やりづらいことや問題点があれば、みんなで改善を考えます。
そういう意味で、心理的安全性の高い職場だと思います。

新しい仕組みを考える際には、この自由で快適な業務スタイルと様々な考え方を得られるコミュニティは非常に良い環境に思えます。

入社をお考えの皆様へ

ツバイソ スタッフ 佐野 恭平

プログラミングを楽しみながら、ツバイソとともに成長していきましょう。

スタッフインタビュー

経営陣インタビュー

募集職種

ツバイソ株式会社

ブルドッグウォータ株式会社

ページ先頭に戻る