REST APIで世界中のアプリケーションとつながるクラウドERP業務と業績管理の自動化へ

つながるクラウドERP
ツバイソについて

REST APIで世界中のアプリケーションとつながるクラウドERP
業務と業績管理の自動化へ

ツバイソについて

REST APIで世界中のAPPsとつながるクラウドERP

REST APIは、2000年にRoy Fielding氏が提唱した、分散システムにおいて複数のソフトウェアを連携させるのに適した設計原則またはアーキテクチャスタイルをいいます。 システム連携のために様々なAPIが古くからありますが、大規模なWEBシステムの運営、連携に適したアーキテクチャスタイルのAPIがREST APIです。
REST APIはアーキテクチャスタイルですから、実際に実装されたAPIの使いやすさ、拡張性、柔軟性は開発会社の技術力によって異なります。 我々は、REST APIは、適切な粒度のモジュール化技術、ノウハウが重要と考え、日々研究開発しています。
確かな技術によって作られたREST APIは、クラウドアプリケーションを世界中、大規模につなげることができます。

業務と業績管理の自動化

ビジネスプロセスをシステム化することで業務を自動化することができます。REST APIで世界中のアプリケーションとつながることで、その自動化の範囲は柔軟に広がります。
また、全ビジネスプロセスをシステム化し、業績管理単位を自動付与することで、業績管理を自動化することができます。

ツバイソERP全体像

タレントにとって魅力的で活気ある組織へ

タレントにとって魅力的で活気ある組織は、タレントが自身の力を最大限に発揮できる組織です。そのような組織は、優秀なタレントを惹きつけ、成長していくことができます。
ツバイソは、「業務の自動化」で、タレントの自己学習やクリエイティブ活動時間を創出し、「業績管理の自動化」で、マネジメント層の戦略思考をエンハンスします。
ツバイソは、タレント・オリエンテッド経営を推進します。

タレント・オリエンテッド経営とは?

タレント・オリエンテッド経営について

特徴

  • バラバラなシステムと点在する情報を一元管理

    バラバラなシステムと
    点在する情報を一元管理

    オールインワンのERPモジュールで、バラバラのシステムが統合され、社内に点在するヒト、モノ、カネに関する経営資源情報を一元管理できます。

    企業情報資産の活用方法

  • リアルタイムで多次元の損益管理

    リアルタイムで多次元の損益管理

    ビジネスプロセスのなかで自動収集された収入、費用、損益情報を、部門別、プロジェクト別、サービスライン別などの多次元で把握できます。

  • タレント・オリエンテッド

    タレント・オリエンテッド

    全タレントをエンパワーすることで全社レベルで生産性を上げることができます。そのために、タレント・オリエンテッド経営フレームワークに準拠したERPの4機能を強化しています。

    ERP詳細

  • 常に進化するERP

    常に進化するERP

    独自の技術と開発方法論による科学的アプローチによって、ツバイソは大規模プラットフォームにもかかわらず、常に進化し続けることができます。

    常に進化するERP詳細

  • マルチデバイス対応

    マルチデバイス対応

    PC、タブレット、スマートフォンで、WindowsやMacなどのOSに依存することなく、Anytime, Anywhereで使えます。

  • 社員毎に使える機能・権限の細かな設定

    すべてのタレントと
    ビジネスプロセスを統合

    ユーザーアカウント毎に使える機能・権限の細かな設定、様々なアシスト機能、常に進化するUI/UXなどで、すべてのタレントがビジネスプロセスを並列分散処理できます。

    すべてのタレントとビジネスプロセスの統合詳細

機能・価格の詳細はこちら

ツバイソ サービス利用規約

ツバイソ導入事例

ページ先頭に戻る