お知らせ・ブログ

16年ぶりのHTTPの進化で、クラウドネイティブ業務アプリがメインストリームへ

1. 16年ぶりのHTTPバージョンアップ

HTTPバージョンアップにより、WEBアプリケーションの高速化が進みます。
クラウドネイティブ業務アプリが本格的にメインストリームになります。

HTTPはインターネットで主流の通信プロトコルで、WEBブラウザはこれを使っています。
現在のHTTP/1.1が1999年に仕様化され16年経過しましたが、2015/2/17にIETFにおいて新しいバージョンのHTTP/2が正式に承認されました。
WEBが高速化します。

20150320-01_tumblr_inline_nlgtccu5Rp1tpa6ff_500.jpg

2. 高速化の仕組み

高速化の工夫はいろいろありますが、簡単に例えれば、トランシーバーから電話になったことによるものです。
HTTP/1.1は、WEBブラウザがWEBサーバーに問い合わせ、WEBサーバーが返答し、その返答を待ってWEBブラウザがWEBサーバーに問い合わせて通信します。
これは、トランシーバーの「●●。どうぞ!」、これを待って「●●。どうぞ!」と交互に話ができるのと同じです。

HTTP/2は、電話と同じように、同時に両方向の通信が可能です。これによって通信が高速化されます。

20150320-02_tumblr_inline_nlgtenZ4YJ1tpa6ff_500.jpg

3. HTTP/2のもとになったGoogleのSPDY

SPDY、スピーディと読みます。
GoogleがWEB高速化のために開発したプロトコルです。HTTP/2のもとになっています。
SPDY対応のWEBサーバーは速いです。
facebook, twitterなどで採用されています。
SPDY対応かどうかは、Chromeの拡張機能の"SPDY Indicator"で確認できます。緑のイナズママークが出るサイトはSPDY対応です。
ツバイソもSPDY対応です。

20150320-03_tumblr_inline_nlgtlse7vX1tpa6ff_500.jpg

代表取締役 CEO 印具 毅雄(イング タケオ)

ツバイソ株式会社

公認会計士、税理士

広島生まれ、福岡育ち。中学生の頃からパソコン、プログラミングが好きで、N88-BASICやマシン語に親しむ。大学、大学院では、遺伝的アルゴリズムの改善研究をC言語で行う。 1999年、修士(芸術工学)。日本知能情報ファジィ学会論文賞受賞(2004年度)「単峰性関数当てはめによるGA収束高速化」
インターネットベンチャーを立ち上げるべく、経営の勉強のために公認会計士を取得(公認会計士二次試験2000年合格、登録番号19193)。監査法人トーマツ(Deloitte)を経て、2004年にブルドッグウォータ株式会社を創業、経営。 2015年、同社よりツバイソ事業を会社分割し、ツバイソ株式会社を設立。

ページ先頭に戻る