お知らせ・ブログ

2015/11/15~2015/11/30までのツバイソのアップデート情報

主に源泉徴収税額表改正への対応、取引先マスタへの法人番号欄の追加などのアップデートを行いました。

sanya_whiteboard_1000.png

今回のアップデートは以下の通りです。

  • 経費精算原因マスタの編集画面において、原因コードの変更についての注意書きを追加しました。
  • 社員一覧画面において、「社員名カナ」列を表示するように変更しました。
  • 固定資産台帳の「部門コード」の列の名称を、「部門名」に変更しました。
  • 購買管理原因マスタの編集画面において、増減区分の説明を加え、「増加」をデフォルトとしました。
  • 部門管理の部門一覧において、「配布対象部門」、「配賦基準」、「利用機能」の3列を削除しました。
  • 部門管理において、権限が「最高管理者」、「マスタ管理マネージャー」の場合は「編集」、「削除」が可能になりました。
  • 平成28年(2016) 源泉徴収の税額表(月額表)の改正への対応を行いました。
  • 勘定科目「291貸倒引当金(固定)」の名称を「291貸倒引当金」に変更しました。
  • 仕訳帳において、検索条件がなくなってしまう問題を修正しました。
  • 取引先マスタの項目に法人番号及び自由記述欄を追加しました。
  • 会社基本情報の項目に会社法人等番号を追加しました。
  • 部門管理の編集画面において、部門コードの編集をできなくしました。
  • 取引先マスタにおいて、データインポートによる更新が可能となりました。
  • 勘定科目マスタにおいて、「インポート」の表示場所を他のページと揃えて右上に変更しました。

代表取締役 CEO 印具 毅雄(イング タケオ)

ツバイソ株式会社

公認会計士、税理士

広島生まれ、福岡育ち。中学生の頃からパソコン、プログラミングが好きで、N88-BASICやマシン語に親しむ。大学、大学院では、遺伝的アルゴリズムの改善研究をC言語で行う。 1999年、修士(芸術工学)。日本知能情報ファジィ学会論文賞受賞「単峰性関数当てはめによるGA(遺伝的アルゴリズム)収束高速化」
インターネットベンチャーを立ち上げるべく、経営の勉強のために公認会計士を取得(公認会計士二次試験2000年合格、登録番号19193)。監査法人トーマツ(Deloitte)を経て、2004年にブルドッグウォータ株式会社を創業、経営。 2015年、同社よりツバイソ事業を会社分割し、ツバイソ株式会社を設立。

ページ先頭に戻る