お知らせ・ブログ

2016/6/1~2016/6/14までのツバイソのアップデート情報

ユーザ別部門一覧での部門設定、固定資産管理と総勘定元帳の関連付けなどの機能追加を行いました。

AGR01407.jpg

今回の主なアップデートは以下の通りです。

  • 部門管理のユーザ別部門一覧で、ユーザーへの部門の設定ができるようになりました。
  • 事業年度管理で部門別に期首科目残高設定を行う際に、全部門の貸借の差額が確認ができるようになりました。
  • 固定資産管理を使用して仕訳を作成した場合、総勘定元帳の摘要欄に資産名と資産詳細画面へのリンクが表示されるようになりました。
  • 決算会計管理の仕訳帳画面でサイドメニューが表示されるようになりました。
  • 年次推移表の数字を右寄せに変更しました。
  • 社員基本情報において、データのコピー機能を廃止し、ボタンをフラット化しました。
  • 賞与計算管理でデータのインポートができるようになりました。

その他、以下をはじめ、いくつかのバグを修正しました。

  • 請求書レイアウトの窓付き封筒を利用している場合に、納品書(金額無し).pdfに金額が表示される問題を修正しました。
  • 給与計算管理の賃金台帳画面で、閲覧中の年度を変更した場合に賃金台帳が正しく表示されない問題を修正しました。
  • 販売管理の入金消込画面で、消込ボタンを押すと、フラットボタンイメージがなくなるバグを修正しました。
代表取締役 CEO 印具 毅雄(イング タケオ)

ツバイソ株式会社

公認会計士、税理士

広島生まれ、福岡育ち。中学生の頃からパソコン、プログラミングが好きで、N88-BASICやマシン語に親しむ。大学、大学院では、遺伝的アルゴリズムの改善研究をC言語で行う。 1999年、修士(芸術工学)。日本知能情報ファジィ学会論文賞受賞「単峰性関数当てはめによるGA(遺伝的アルゴリズム)収束高速化」
インターネットベンチャーを立ち上げるべく、経営の勉強のために公認会計士を取得(公認会計士二次試験2000年合格、登録番号19193)。監査法人トーマツ(Deloitte)を経て、2004年にブルドッグウォータ株式会社を創業、経営。 2015年、同社よりツバイソ事業を会社分割し、ツバイソ株式会社を設立。

ページ先頭に戻る