お知らせ・ブログ

RobotERPツバイソが、アステリアとパートナー契約し、連携アダプタをリリース

概要

AIを活用したRobotERP®️ツバイソを開発するツバイソ株式会社(本店:東京都渋谷区、代表取締役:印具毅雄)は、アステリア株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:平野洋一郎、証券コード:3853、以下 アステリア)と企業データ連携(EAI/ESB)製品の国内市場において12年連続シェアNo.1製品であるASTERIA Warpシリーズのサブスクリプション(月額課金)型製品の販売代理店として「ASTERIAサブスクリプションパートナー契約」を締結したことを発表します。
またクラウド型ERPのRobotERPツバイソとの連携機能を担うASTERIA Warpシリーズの専用アダプター「RobotERPツバイソアダプター」の提供を2018年11月15日より開始いたします。

pr181112_01_pic01.png

背景

近年、AI・RPAを活用した働き方改革が社会的に期待されている中、独自のAI等を活用したRobotERP技術による自律運転でトップマネジメントからスタッフまでの生産性向上を支援するRobotERPツバイソの導入が上場企業をはじめ拡大しています。

複数の専用モジュールによって幅広い業務を自動化するRobotERPツバイソは、多くのマスターデータ、トランザクションデータを有することから、他のシステムとの連携や機能拡張のための多数のREST APIを用意しており、ユーザーの利便性の向上を図っています。
しかしAPIによるシステム連携は従来のインテグレーションよりも生産性が高いものの、依然としてプログラミングが必要であるためエンドユーザー自身の実装に課題がありました。
そこで今回、エンドユーザー自身によるRobotERPツバイソと既存の社内システム等のノン・プログラミングでの連携を可能にするためASTERIA Warp専用アダプター「RobotERPツバイソアダプター」を開発致しました。また、合わせてASTERIA Warp Coreとセットで提供を開始することを目的にASTERIA サブスクリプションパートナー契約を締結致しました。
本製品を利用することによりRobotERPツバイソの導入期間の大幅な短縮やさらなる業務自動化を実現します。

詳細は、こちらをご覧ください。
クラウド型ERPのRobotERPツバイソとASTERIA Warpが連携

代表取締役 CEO 印具 毅雄(イング タケオ)

ツバイソ株式会社

公認会計士、税理士

広島生まれ、福岡育ち。中学生の頃からパソコン、プログラミングが好きで、N88-BASICやマシン語に親しむ。大学、大学院では、AI関連技術のニューラルネットワーク、ファジィシステムとともに遺伝的アルゴリズムの改善研究をC言語で行う。 1999年、修士(芸術工学)。日本知能情報ファジィ学会論文賞受賞「単峰性関数当てはめによるGA(遺伝的アルゴリズム)収束高速化」
インターネットベンチャーを立ち上げるべく、経営の勉強のために公認会計士を取得(公認会計士二次試験2000年合格、登録番号19193)。監査法人トーマツ(Deloitte)を経て、2004年にブルドッグウォータ株式会社を創業、経営。 2015年、同社よりRobotERP®ツバイソ事業を会社分割し、ツバイソ株式会社を設立。

ページ先頭に戻る